京都市 保育士常駐! 産後骨盤矯正専門の整体院

0120-802-560

予約カレンダー

 

どんな症状?

尿漏れとは自分の意志とは関係なく突然に尿が出てしまうことです。

産後の尿漏れのほとんどが「腹圧性の失禁」が多く、腹筋に力が入ると漏れてしまうのが特徴です。
抱っこをしたときやしゃがんだ時、急に動いたとき、くしゃみをした時などにチョロッと出てしまいます。当院でも尿漏れでお困りのママさんが多数来られます。尿漏れといってもママさんそれぞれによって悩みが違ったりします。例えば、「尿の漏れる量」「湯船から上がった時に膣から湯が出る」「我慢できる時間が短くなった」「トイレの場所を確認しておかないと外出するのが不安」などなど。このような現象や悩みがおきてしまうのは決して少なくありません◎ここでのポイントは「骨盤」と「骨盤底筋」にあります◎

なぜ起こる?

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

それは妊娠から出産に至るまでの間で「骨盤底筋」という筋肉が広がり伸ばされてしまうからなのです。

図解骨盤底筋

イメージで言いますとハンモックがビヨ~ンと下に伸びてしまう感じです。
そもそもこの骨盤底筋は膀胱、子宮、腸などの内蔵を支える役割を担っています。

ところが妊娠をすると羊水、胎盤や赤ちゃん、子宮の重さが増します。
骨盤底筋はこれらの重みを受け止めてくれているのです。

図解尿漏れ

骨盤底筋の強さは個人によって違いはありますが、妊娠から出産までに骨盤底筋に相当な負荷がかかっていたのは違いありません。
骨盤底筋の強さに違いはありますが、尿もれを誘発してしまうのやはり骨盤底筋が伸びて緩んだり、伸縮性が損なわれている場合がほとんどです。

放置すると、、?

お産までに時間が長くかかってしまったり、赤ちゃんが3500グラム以上だったりした場合でも骨盤底筋にダメージを与えます。

骨盤底筋が伸びて弱っている状態のままだと尿漏れの他にも子宮や腸も下がってくるので
便秘や痔になるケースもあります。

帝王切開で出産したママさんでも尿漏れは多い悩みです。骨盤底筋が弱ったままですと膣を締める力がないためお風呂のお湯が入ったり、肛門を締める力も弱ります。
老化による筋力低下もこの先考えると深刻な悩みです◎

改善させるポイント!

早い方ですと妊娠中から尿漏れに悩まされる方もいます。ママさんにとってはとても深い悩みの一つです◎骨盤底筋にかかる負担はお話ししたとおりきちんと収縮ができて伸ばされた筋肉を戻す必要があります!そしてその骨盤底筋がくっついているのが「骨盤」です◎骨盤が開いていると骨盤底筋もしっかり元の力を発揮することができません◎きちんと骨盤矯正で骨盤を閉めながら骨盤底筋もケアしてあげると尿漏れはよくなります!ぜひご相談くださいね!

 

以下の症状にお困りではないですか?

骨盤矯正は、症状が多岐に渡ります。該当の症状をクリックしてください。

【初回特典】

・初回特別料金

【初回に限らず特典】

・LINE相談無料 ・保育士の託児無料

・駐車料金全額負担

「予約できる日程を確認したい!」

「こんな症状はどう施術されるか知りたい」

など

お気軽にお問い合わせください

LINE予約・相談はこちら

WEB予約はこちら