京都市 保育士常駐! 産後骨盤矯正専門の整体院

0120-802-560

予約カレンダー

恥骨の痛み

どんな症状なの?なぜ起こるの?

出産する時のママの骨盤はリラキシンというホルモンの作用によって弛緩して大きく開きます!!特に大きく開くのが骨盤の前面の恥骨結合という部分です。
この恥骨結合が開くので産道が広がり赤ちゃんが産まれることができます◎

出産が終わった後も恥骨結合部が緩くなっているため骨盤は開いてしまいます。とても不安定な状態のままです。例えるならしっかり閉めたネジが緩み固定が甘くなっている感じです。

今までたくさんのママさんを見てきた経験上、恥骨が痛みやすい方は妊娠中からも恥骨が痛んでいることが多いように思います。いくつか考えられることがあるのですが例えば、「切迫またはその状態に近い」「がに股歩行が強い」「分娩時間が長い」「赤ちゃんが大きい」「分娩で吸引を要する出産」など。

どの状況も出産するうえで恥骨部にすごく負担がかかります。


こんな状態で慣れない育児の負担がかかると骨盤や周囲の筋肉に大きな負担がかかってしまい、特に開いたままで不安定な恥骨結合を痛めてしまいます。具体的には恥骨結合部のズレが起こり恥骨筋にもダメージがあります。

「歩くと痛い」「ちょっと信号を渡ろうとして走ったら痛い」「座ると痛い」「トイレで痛い」など。

とても生活で支障が大きいです。

 

どうやって施術を行っていくの?

当院の産後の骨盤矯正は産後の骨盤のゆがみの原因になる恥骨のズレや痛みのための施術です。
産後専門の骨盤矯正なので不安定で刺激に弱い状態になっている骨盤でも安心でソフトな痛くない骨盤矯正です◎
当院の産後の骨盤矯正の特徴は骨盤や骨格だけでなく筋肉からもアプローチすることです。筋肉と骨格の両方からアプローチするのでより回復が早くなります。

 

以下の症状にお困りではないですか?

骨盤矯正は、症状が多岐に渡ります。該当の症状をクリックしてください。

【初回特典】

・初回特別料金

【初回に限らず特典】

・LINE相談無料 ・保育士の託児無料

・駐車料金全額負担

「予約できる日程を確認したい!」

「こんな症状はどう施術されるか知りたい」

など

お気軽にお問い合わせください

LINE予約・相談はこちら

WEB予約はこちら