京都市 保育士常駐! 産後骨盤矯正専門の整体院

0120-802-560

予約カレンダー

腰の痛み

どんな症状なの?なぜ起こるの?

腰の痛みは産後のママの中でも多い悩みの一つです。 産後のママの骨盤は、不安定で、刺激に弱い状態になっています。 この状態で、赤ちゃんの育児による負担がかかってしまうので、腰が痛くなってしまいます。 そのままムリをして頑張ってしまうと、骨盤はゆがんだまま(アウトフレア)になってしまいます。 さらにこのような生活を続けていると、骨盤や背骨がゆがんでしまい、全身に症状が現れてしまいます。
アウトフレア

何故、妊娠中から起こるの?

妊娠中から腰の痛みに悩まされているケースも少なくありません。 なぜ妊娠中から出産後に腰痛が多く見られるかといいますと「骨盤の角度」が大きく関わります。 ママの骨盤は妊娠すると赤ちゃんを宿すためにだんだん骨盤がゆるみます。 つぎにお腹が大きくなっていくにつれて骨盤が前に倒れだします。これを「骨盤の前傾」といいます。 この骨盤の前傾、つまり骨盤に傾斜がつくことで骨盤の角度が強くなります。これが腰の痛みに繋がるケースが多く見られるのです。 お腹が大きくなり骨盤の前傾が強くなると腰を反り前に出た大きなお腹を支えようとします。このときの腰の反りが腰周りの筋肉や背骨に負荷をかけ痛みやだるさなどをだしてしまいます。 そして出産後の骨盤でも同じことが言えることが多いです。 出産後の骨盤は妊娠中にできた骨盤の傾斜がそのまま残っている事が多いです。 そこに育児や家事が重なることで日常の負担が上乗せされます。 さらに出産後のママのお腹周囲の筋肉はお腹が大きかったぶん、筋肉が引き伸ばされていて筋肉の出力が落ちています。 特に腹直筋、腹横筋、腹斜筋によって保つことができていた「腹圧」がさがることで腰の反りに対応できていないことがあります。 産後のママの骨盤はもちろん周囲の筋肉も相当弱って疲れきっているということです。

どうやって施術を行っていくの?

大切なことは「骨盤の前傾」を正常な角度の戻すことです。 主に骨盤の位置、傾き、角度を整えるために骨盤の矯正をおこないます。同時に筋肉に対しても腹圧を高め、負荷がかかっている部分をゆるめていきます。 骨盤の傾斜を正すことはもちろん産後特有のズレやゆがみを整え骨盤を締めていきます。 そうすることで骨盤の安定性があがり踏ん張りやすくなったり過度の筋肉への負荷を下げることができます。

以下の症状にお困りではないですか?

骨盤矯正は、症状が多岐に渡ります。該当の症状をクリックしてください。

【初回特典】

・初回特別料金

・来院相談無料(相談だけでもOK、LINE相談も無料)

・検査料金無料(姿勢写真、骨盤検査結果をシートで作成します)

【初回に限らず特典】

・LINE相談無料 ・保育士の託児無料

・駐車料金全額負担 ・検査料金無料

「予約できる日程を確認したい!」

「こんな症状はどう施術されるか知りたい」

など

お気軽にお問い合わせください

LINE予約・相談はこちら

WEB予約はこちら